産業廃棄物の処理は許可を得た処理業者へ

産業廃棄物とは

ゴミ回収

産業廃棄物とは、事業活動によって生じた、「捨てるしかないもの」です。業者などに売却することができれば、処理費用を少なくすることもできますが、どうしてもゴミにするしかないものも多くあります。

この産廃は、20の分類で、法律によりその品目が定められています。品目は油やガラス、コンクリートやプラスチックなど、様々なものが含まれます。身近なものだと、蛍光灯やペットボトルも、場合によっては産業廃棄物にあたります。これらは、法律により定められている処理方法できちんと処理してくれる専門の業者に依頼する必要があるのです。


こうしたことは産廃処理法にて決められていることなのですが、「必要ないものを処分するのに、料金を払うのは・・」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが、もし不法投棄をした場合には、懲役もしくは罰金の重い刑が科せられることになります。処理費用についても納得でき、きちんとした許可を得ている産廃処理業者に最終処分までしっかりと依頼をするのがおすすめです。

産業廃棄物と一般廃棄物の違いとは

では、産業廃棄物と一般廃棄物の違いとは何なのでしょうか。これは「品目の違い」で決まるものではありません。

例えば同じ蛍光灯やプラスチック、ペットボトル、油、コンクリートでも、日常生活において排出されるものであれば、これは一般廃棄物に分類されます。産業廃棄物処理は、排出量が多いこともあり、ダイオキシンの発生など、環境への影響も大きくなります。そのため、産廃の種類に合わせて、細かく処分方法が設定されており、それを守る必要があるということです。

産業廃棄物は処理業者に依頼を!

産廃を産廃処理法に基づいて、最終処分までしっかりとしてもらうためには、信頼できる産廃処理業者に依頼をするのがベストです。どんな処理業者なら安心して任せることができるのか、判断に困った場合には、処分方法やその流れ、費用についても、実際に問い合わせてみるのが良いでしょう。

当社は、東京都や埼玉で産業廃棄物収集運搬の許可を受けており、ゴミの回収、処理などを請け負っています。また、産廃処理にかかる料金をできるだけ安くするため、回収したものは種類ごとに細かく分類し、それぞれに合ったリサイクル、産業廃棄物処理を行います。サイトにて、引き取りから産廃処理までの流れ、またその値段についても掲載しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ダイオキシンによる環境汚染や、不法投棄による罰金を避けるためにも、一度ご連絡いただければと思います。引き取りやリサイクル、費用についても詳しく説明させていただきます。東京都や埼玉にて、処理業者や処理方法、またそれにかかる値段について気になったら、ぜひ当社のお問い合わせページからご連絡ください。

粗大ゴミTOPIC