遺品の整理についてお悩みの方へ

遺品整理のタイミング(時期)

遺品整理

遺品整理のタイミングとして、忌中(喪に服する期間)の作業は控え、忌明け(四十九日)以降に行うが一般的とされています。近年では、四十九日を繰り上げ、三十五日を忌明けとする場合もあります。

神式では五十日祭以降に、キリスト教式の場合だと1ヶ月後の昇天記念日以降に行う事が多いようです。忌中は、亡くなった人を慎む気持ちを表すため、遺品の整理などは控えた方が良いとされています。

遺品整理には、基本的に親族や親しかった方たちが行うことになります。遺品によっては、金銭的価値のあるモノが残されている場合もありますので、親族の立会いのもとで行うのが望ましいといえます

遺品整理の方法(やり方)・注意点

遺品を処分する方法によっては、不要なトラブルを招く事があります。まず、故人が遺品に関しての意思を表示しているかを確認する必要があります。

遺品整理の時期や処分の方法について、故人からの指示がある場合には、そちらを優先します。しかし、そのような指示がない場合には、遺族の意思が尊重されます。

とくに、遺品整理の場合、故人との大切な思い出の品から片付けをすると思いますが、やむを得ず処分する必要がある場合、通常の処分の方法では忍びないと感じるかもしれません。衣服や布団などの可燃物であれば、お焚き上げ供養を行う事ができます。

遺品の処分が辛い…という方、遺品整理の代行をいたします。

遺品整理を行う時期や方法については決まってはいても、実際の遺品整理には、気持ちの整理ができずに辛いと感じる方も少なくありません。長い期間をかけて遺品を整理をされる方もいますが、時間的に余裕がなく、はやめに遺品を供養したいと考える方もいらっしゃいます。

どうしても、作業が進まない場合には、遺品回収業者を利用する事も検討してください。大きな家具や家電製品の場合、人手が必要となりますので、業者を利用する事で負担を軽減する事が出来ます。遠方にお住まいで、なかなか時間を作れない方にも、利用されています。

しかし、第三者に遺品整理を代行する事に、少なからず抵抗を感じるかもしれません。遺族の気持ちを汲み取り、お手伝いが出来る代行業者を探す事が重要になります。

粗大ゴミTOPIC